動画の需要とは?


しかし、動画にはどのくらいの需要があるのでしょうか。正直なところ、一つの動画にどのくらいの需要があるかは分かりません。しかし、動画の場合は、これまでのテレビとは違い、視聴者が見るものをとことん選ぶことができるコンテンツでもあります。そのため、動画の需要は人によってそれぞれに違いますし、時々の気分によっても違います。

子供であれば、楽しい動画を見たいと思いますし、大人の女性であれば、ダイエットをしたいと思っているときは、ダイエット方法などを紹介している動画を、料理を作りたいと思ったときは、料理の手順を紹介した動画などを見ると思います。そのように、需要がいろいろと変化しますので、この動画のコンテンツは需要の面に関しては無限の可能性を秘めているのです。

また、私たちの生活環境としても、スマホが一般的に普及するようになり、動画をいつでもどこでも見られるようになったと言う大きな変化が起こりました。通勤、通学時間にちょっと見たいと言う時や、休憩時間にじっくりみたいと言うときなど、動画を見るタイミングが増えました。それはつまり、需要が増えるタイミングも増えたと言えるでしょう。

ただ、昨今の事情から考えると、真面目な動画よりも誰かが遊んでいるようなエンターテイメント色の強い動画の方が需要の高い傾向があるようです。