動画広告の種類


動画の広告は、動画によって得る収入のほとんどを占めるものですので、動画の種類についていは知っておいた方がいいでしょう。広告の種類によっては、視聴者からあまり好かれないものもありますし、動画によってはそれがかなり邪魔になってしまうと感じ、動画の再生回数に大きく影響を及ぼしてしまう場合もあります。そんな本末転倒なことも起こり得ますので、動画広告の種類についてはしっかりと知っておきましょう。動画広告の種類は、インストリーム、インバナー、少し特殊なものでインフィードとインリードという種類もあります。

それぞれについて紹介すると、インストリームは動画の最中にCMのように挿入される広告のことです。動画の初め、途中、最後のどれかを選べる場合もあります。比較的長い動画ですと、こちらを挿入されてしまう場合が多いです。

インバナーは動画を表示している最中に、動画の下部にバナーが表示されるタイプです。もしも、下に字幕などを付けている動画だったら、ちょっと邪魔になるので、非難を浴びてしまうこともありますね。

インフィードとインリードはそれぞれに動画が広告となる場合です。そのようなものは、ブログなどを表示したときに一緒に表示されるようなものです。

以上が動画広告の種類です。動画広告を選択できる場合もありますので、利用しやすい動画広告を選びましょう。


動画の需要とは?


しかし、動画にはどのくらいの需要があるのでしょうか。正直なところ、一つの動画にどのくらいの需要があるかは分かりません。しかし、動画の場合は、これまでのテレビとは違い、視聴者が見るものをとことん選ぶことができるコンテンツでもあります。そのため、動画の需要は人によってそれぞれに違いますし、時々の気分によっても違います。

子供であれば、楽しい動画を見たいと思いますし、大人の女性であれば、ダイエットをしたいと思っているときは、ダイエット方法などを紹介している動画を、料理を作りたいと思ったときは、料理の手順を紹介した動画などを見ると思います。そのように、需要がいろいろと変化しますので、この動画のコンテンツは需要の面に関しては無限の可能性を秘めているのです。

また、私たちの生活環境としても、スマホが一般的に普及するようになり、動画をいつでもどこでも見られるようになったと言う大きな変化が起こりました。通勤、通学時間にちょっと見たいと言う時や、休憩時間にじっくりみたいと言うときなど、動画を見るタイミングが増えました。それはつまり、需要が増えるタイミングも増えたと言えるでしょう。

ただ、昨今の事情から考えると、真面目な動画よりも誰かが遊んでいるようなエンターテイメント色の強い動画の方が需要の高い傾向があるようです。


動画マーケティングについて


まず、動画のマーケティングについてですが、これは例えば商品のレビューなどを行えば、それは宣伝になりますから、マーケティングの一つであると言えるでしょう。そして、なぜそれが効果があるのかと言えば、全世界では毎日1億人もの人がオンラインで動画を見ていると言われています。その動画を1億人が見るという訳ではありませんが、少なくとも1000人が見るとすれば、そのうちの誰かが商品を購入するかもしれません。それだけでも十分な効果があると言えるでしょう。そのように動画を使ったマーケティング方法が近年は注目されています。

例えば、今回解説するようなことを動画にしたとしましょう。そして、それに広告をつければ、動画が再生されるたびに広告が表示され、お金が動きますから、これも一つのマーケティングと呼べるでしょう。それに、さらにその動画を見た人が、広告を付けて動画を作ったとしたら、そう考えれば、動画とはかなりの影響力があるものだと言えますね。

そのような動画の影響力の高さに目を付けたからこそ、最近では動画の広告や動画マーケティングが流行しているのです。そして、多くの企業もそれに目を付けており、例えば、とあるゲーム会社は、動画としてアップロードすることを許可するなど、従来では考えられなかったようなことを行い始めているのです。


動画コンテンツとは


そもそも、動画コンテンツのコンテンツとは、WEB上のコミュニケーションという意味です。つまり動画コンテンツとは、動画でコミュニケーションを取ると言うものです。例えば、有名なYoutuberであれば、動画に付けられたコメントなどを参考にして次回の動画を作成するようなことがありますよね。ここでは明確なコミュニケーションがとられているということが分かります。それだけではなく、動画では一方的に視聴者が受けるコミュニケーションを取っているとも言えるでしょう。自分から発信したいと思っている人と、積極的にコミュニケーションを取りたくはないけれど、テレビを見るような感覚で常に受け手でありたい、と思う人がいるからこそ、この動画コンテンツは成り立っているのです。

そして、昔はその規模が小さなものでしたが、最近では何億再生と言われるほどかなり規模が大きくなりました。規模が大きくなり、世間の注目を集めるようになればなるほど、そこにはお金が介入する余地があり、現在では動画は一つのマーケティングの場にもなりつつあります。実は、世界的に見ればテレビ以上にこの動画によるマーケティングは効果があると言われています。

動画を作りたいと思っている人も多いでしょうが、まずはその動画のマーケティングについて知り、どのようにして自分は儲けられるのかということを知るべきです。また、動画にどのくらいの需要があるのか、ということも知っておくとどのような動画を作ればいいかが分かるかと思いますので、そちらもご説明いたします。